婚活気分

三十路を迎えて焦りだしたほぼ生娘がつくったサイト

--nice links--

価値観が違うオンナは敬遠されがち

けど、お付き合いから夫婦になってもお互い口論は回避するべきだけど、それは厳しいことよね。今は暇な時間を敬遠するように努力しています。
定期的に自分磨きだね。キレイになりたい。基本的に女性心理のわかるメンズにはなぜか好奇心がもてるね。たとえお気に入りでなくても。
最初はアドレス交換でもなかなか勇気のいることね、マジで。もうお正月かぁ・・・。ヒマだなあ。
今気になっているひとは、わたしにケータイ電話番号聞いてこないし。なんかガッカリ。
なにげにHAPPYな妄想とかしちゃいそう(*^^*)そもそも相手の考え方と自分の視点は違うから、いろいろなポイントで辛いですね。
人それぞれ適切な人間関係は違うものだよね。たしかにね。いざこざあってまたもめ事、というのは婚活では避けられない気がしていますよ(-_-;)。器の大きい人も大好きだけど、浪費癖のある男子はノーサンキュー。それはそうと、ラブロマンスに年令は関係ないと言うけれど、年齢があまりに合わないツーショットはダメでしょ。ああ、夏休みに予定がないあたしはなんだかさびしい気持ち。
ま、順次前進していけばいいさ。突然がんばっても疲れるだけね。ちなみに、オトコの好きな外食場所って、どこだろう??どんなにお気に入りなカレができても家庭志向でないと困るものだよね。

カテゴリー:片想い

オススメは草食系男子!?

化粧品とか身なりとかは、可能なら女心を反映したものがいいね。しょっちゅう自分磨きだね。優美になりたい。
それはさておき元カレとのベッドインが恋の後遺症になるとか。どうだろう・・・。だけど理想は高く持たないとね。
話は変わるけど、婚活に関しては暇を作らないというのは鉄則なのよ。両想いで日頃から一緒な関係が幸運だね。
女性心理を理解できる男子はたいていの場合想定外と少ないものですねー。あ、アバンチュールがバレて交遊破棄になったメンズの先輩は今頃どうしているのだろう?
実際のところ次第に周りは既婚者が増えてきている。一人暮らしは肩身が狭いのなんの。無駄なめぐり合いはできればしたくないけど、困難な課題ね。
恋愛も仕事も趣味も、容易にこなせるあたしでありたい、なんちゃって・・・(*^^*)。もうゴールデンウィークかぁ・・・。ひまだなあ。
やはり理想は3年後にはプロポーズされることでしょ。是非パーソナリティーを共有しあえると密接になれるね。お付き合いも長続きするだろうし。浮気は絶対許せないけど、男性心理もある程度理解してあげないと離別なんてことも。多少の自分磨きでもオンナのセクシーさを増加させることができるかもしれないから意識しよう。
話は変わるけどわたしには晩婚というのはちょっとNGなんだよね。婚期のうちが有利ね。こっそりHAPPYな妄想とかしちゃいそう(笑)未婚だと口論すらできないから意外とさみしいんだよね。

カテゴリー:婚活

お付き合いしたい男の子は…

できるだけありのままを分かり合うことができる関係を築きたいね。あさってはヒマだからどこ行こうかな?
両想いでいつも一緒な関係が至福なんかなぁ。それにしてもある程度洗濯ができる家庭的な男もいいなあ。告白してから両想いになるときの女心の変化はとてもドキドキするものだね。
友人の夫婦はもんちゃくが絶えず大変と言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(泣)。今度の水曜日は仕事だけど新しい出逢いに期待すると仕事もたのしいよ。
いざというときはアタックできる勇気は必須ですよね。次の恋愛でダメなようなら結婚活動 は挫折なんかな(--;)。
また飲み会行きたい、ほんとうに♪。草食系には肉食女子でも全然大丈夫さ。と開き直る私。
好みな男の人の前で空回りトークなんかしたら失望だけど、そういうときには艶っぽさで勝負かな。私も依然として大人になりきれていないってことなのかなあ。私、わりとキャラはいいほうだと思うんだよね。ぜんぜん問題ないよね。
そもそもお互いの趣味を受け止めることは恋愛関係を築くときには一番大事でしょう。あたし的にはケンカは大丈夫としても、浮気は絶対ダメだよね。

カテゴリー:遊び

お奨めの血液型占いはなにかな?

楽チンな方向に走ると急激に自分を見失いそうで大変(-_-;)。いっけん無意味に見える時間を過ごすことも何か出合いがあることもあるからお勧めなんだよ。
ラブロマンスの哲学というかな、人それぞれ多種多様な視点があるね。それにしても男の人の吟味はとことん慎重にやりたいものなのよ。
ところで近頃は比較的朝ごはん少な目だからちょっと痩せたかも。幸運!このところは確かにプラトニックな恋愛観を持った人は少ないけど、ほとんどの場合気にしないよねぇ。
しかし独り者の気楽さも楽しみの一つだよね。うんうん。それはそうと元カレとのベッドインが恋の後遺症になるとか。どうだろう・・・。恋も仕事も趣味も、容易にこなせる私でありたい、なんちゃって・・・(笑)。ちなみに、自分磨きの方法はいっぱいあるね、ダイエットや習い事とか。私もなにかしないと・・・。好機を掴んだら、あとは意気込みしかないよ・・・。
基本的に周りの知り合いを見ていると恋愛関係が3年続いて結婚、というのが本当に多いみたい。友人の夫婦は揉め事が絶えず辛いと言っていたけど、結婚相手がいるだけうらやましい(ノ ゜Д゜)ノ。
まだフィアンセもいないくせに日ごろからハネムーンのことを妄想する無益な日々を過ごしております(^^)。理想を高く持ちすぎると恋が億劫になってしまうから柔軟に対応したいね。

カテゴリー:片想い

男子の愛嬌

あ、不倫がバレておつきあいキャンセルになった男の人の友達は今頃どうしているのだろう?そうそう、甘い言葉には弱いのが女心だねー。
って、会計士みたいな男の人達とパーティーしたいなー。経済状況は重要ね。ずっと独りぼっちなのを回避するポイントは性格を磨くことだと思うなあ。女の子としては性的魅力があるほうが特長があるわけだし。
例えてみれば好みの時にべたぼれな男女関係を実現したいね。艶っぽさは女性には重要だけど性的魅力だけでメンズを釣るのもどうかと思うわ。わたしは無理ね。
べたぼれな関係を持続する重点はなんなのかなー?それから血液型判断の占いは当たらないなあと複雑な想いです。なんだか急激にお腹がすいてきてしまったよー(^^)。ダイエットにも挑戦しなくちゃね。ちなみに仮に彼氏と共同生活をはじめる前にはどんなポイントを認識したらいいのかな。
そうそう、お気に入りなメンズには好意が態度に出るよね。あてもないのにケータイをきっちりチェックする癖はなんとかならないかな。ひまだからいいか。
最近半月間もワンサイドラブのひとがいるけど、彼氏にするには多少のためらいがあるんだよね。無駄な巡り会いはできればしたくないけど、厳しい課題ね。
ワタシも早くワンサイドラブから解放されて婚活に集中しよー、っと♪。

カテゴリー:仕事

男性の着眼点を理解しよう

選定に吟味を重ねているうちにタイプな男子はとられていくのよねぇ。だけど交際相手を吟味するのに血液型占いはどうなんだろう?
彼氏にするならさみしいときはいつでもそばにいてくれる男子がいいさ。やんちゃな男の子がダイスキだけど、低身長の人だったら気落ちなんだよね。
つぎタイミングがあったときには思い切ってマジで逆玉に乗ってみようかとも考える失敗を重ねたりするとますます慎重になるのもわかるけど挑戦が大切ね。
このごろは確かに純情な恋愛観を持った人は少ないけど、ほとんどの場合気にしないよねぇ。時折私って、短気な女子かも、と思うと気落ちするなあ。
経済観念は必須だけど、最近は彼氏との外食のときは割勘が通常って聞くし。予想外。だけど希望は高く持たないとね。
でもわりにあたしって上手にやっているほうだよね。例えば好みの時にベタ惚れな男女関係を実現したいね。
無益な出合いはできればしたくないけど、困難な課題ね。直接心中を伝えられなくても携帯では意外にうまく心境伝えられるものだから変よね。
じつは明日はある誘いがあるけどあんまり嬉しくないから残念。できれば結婚相手紹介サービスは使用したくないし、あと3ヶ月くらいは頑張るかな!ラブロマンスといってもやっぱり面白い会話のできる関係でないと飽きるものなんだね。
こっそり心の広い王子さま系が好みかなと思う。ブライダルなんかイメージしちゃうとなかなか動機が高まるなあ。あたしって単純ね。ああ、夏休みに予定がない私はなんだかさみしい気持ち。

カテゴリー:片想い

色白な女性を目指そう!

話は変わるけど、彼氏ができて共同生活を始めても恥ずかしくない生活習慣にしようと近頃は気をつけているつもり。先週水曜日のパーティーでは弁護士と知り合ってあまりに満足して親友に携帯かけちゃったよ。
うーん、夏休みに予定がないわたしはなんだかさびしい気持ち。ラブロマンスは年齢に関係なく楽しみたいね。なんとなく出会いに関しては大胆な男子だと親近感が持てるものでしょ。
会計士みたいに年収がちゃんとしている男の子がいいなあ。両想いでしょっちゅう一心同体な関係がラッキーなのかなあ。
しかし未だに恋愛の古傷があって躊躇しちゃうんだよね。んー、甘い言葉には弱いのが女性心理でしょ。人柄重視型と格好重視型のどちらかといわれれば、えーっと、厳しい選択。そういえば、彼ができて同棲を始めても恥ずかしくない生活習慣にしようと近頃は気をつけているつもり。
厳選に選定を重ねているうちに好みな男子はとられていくのよねぇ。恋愛の哲学というかな、人それぞれさまざまな価値観があるね。
しかし、交際から夫婦になってもお互い口論は避けるべきだけど、それは厳しいことよね。恋人にするなら空しいときはいつでもそばにいてくれる男性がいいさ。
やっぱり建築家みたいな男達と合コンしたいなー。金銭感覚は肝要ね。

カテゴリー:遊び

お互いを分かり合う関係は独りぼっちには羨ましいね

ワンサイドラブの男とのデートがうまくいくように事前にエステ行っておこうっと。今度の水曜日はトモダチの結婚式だけど、自分の花嫁衣裳を想像してしまうかも。
じつはあしたはある誘いがあるけどそれほど嬉しくないから残念。女性と男の子の世界観は違うものだから結婚って想定外にスゴイことだとつくづく感じる。
ドラマにあるような結婚申し込みをされるにはどんなスポットがいいかなー?お互いの性格の違いをきちんと認識しあうことも恋の重点ね。
オンナの理想の愛は基本的に両想いなのかなあ(^^ヾ)。それはそうと、恋人ができて同棲を始めても恥ずかしくない生活習慣にしようとこの頃は気をつけているつもり。
けどちょっと家事ができる家庭的な男もいいなあ。また飲み会行きたい、本当に(*^^*)。
ときどき迷いもあるけど間違いなく前に進むしかないかなと思う。男性って、男心をうまく利用すると案外コントロールしやすい生き物だねー♪。
女の子とメンズの趣味は違うものだから結婚って意外にスゴイことだとつくづく感じる。艶っぽさは女子には肝要だけどセクシーさだけで男の人を釣るのもどうかと思うわ。ワタシは無理ね。
千葉にいるワタシの両親はあまりあたしの結婚活動 に口を出さないからまあ気楽。カレにするなら空しいときはいつでもそばにいてくれる男子がいいさ。岩手に引っ越したトモダチはもう彼から部屋の合鍵をもらったそうだから、まさに密接な関係なんだねー。日ごろから男心を理解することができる心広い妻になりたいものよね。
ひそかに次の出会いに期待しているあたしなのです。ホントに男心に興味津々(^^;)。
それから、恋愛しているオンナ華麗になるっていうね。私の場合は?広島にいるワタシの両親はあまりわたしの結婚活動 に口を出さないからまあ気楽。
女の子としては性的魅力があるほうが特長があるわけだし。

カテゴリー:恋愛

単身はヒマね

もめごとあってまたもんちゃく、というのは婚活では避けられない気がしていますよ(-_-;)。予感を信じて生きていきたいよ、ほんとうに。
でもシングルの気楽さも楽しみの一つだよね。わかるわかる。このところはヒマな時間を避けるように努力しています。根本的に、甘い言葉を言う男の人には意外と弱いのよね(^^)。
けど独り暮らしの気楽さも楽しみの一つだよね。そんなもんだね。洗濯は苦手だけど家庭思いの私にピッタリな人がいるんだったら、お見合いもアリなのかな。
ドキドキでホレる巡り会いをしたい!ちょっと好きな時に会える甘い関係というのは共同生活はじめたらどうなるんだろう?と不安。
女の目標の愛は根本的に両想いだねー(笑)。手軽な方向に走ると一度に自分を見失いそうで大変(--;)。
新しい出会いにはいつも感動するし楽しいものだよね。秋田でサラリーマンやってる男の人のトモダチは忙しくて出合いが少ないんだって。それも悩み事だね。個性重視型と外貌重視型のどちらかといわれれば、そうかー、難しい選択。
うんうん、希望は3年後には結婚申し込みされることなんだね。ドラマにあるようなプロポーズをされるにはどんな場所がいいかなー?
しかし考えてみればルックスと内面は両方大事だね。あ。そうそう、男性のカッコいい洋服はドキュンとくるアピールポイントで艶っぽさ倍増だから。

カテゴリー:婚活

NGな男子?

観点っていうか、意見が大人なのが最低条件でしょうね。どう?やんちゃな男の子がタイプだけど、元気がない人だったら落胆ですね。
時々純真なのもなぜだかやる気が上がるものなんかなー。確かに結婚活動 はしんどいことだけど興味深いこともあるからまあいいか。。。個性の不一致はやがて破局の原因になるから、入念に決めたいね。
そういえば、エッチな話好きな先輩によると、男性心理は色っぽさで変えられるという単純なものだそうだね。確実にモテる方法を誰か教えてください。
装いのセンス抜群でも乱暴な男子だと空回りトークしそうで大変。それはそうと何度も一緒のデートをしていると相手の経済状況はだいたい推測できるものなんかなー。
これから先の結婚活動 はインターネットとかメールでますます盛んになっていく気がするんだよね。心の広い男性は色々な反応をみたらある程度分かるよね。うんうん、(笑)。どんなに大好きな彼ができてもファミリー志向でないと困るものだよね。そこそこ巡り会いに関しては大胆な男性だと親近感が持てるものだね。
いっけん無駄に見える時間を過ごすことも何か巡り会いがあることもあるからお薦めなんだよ。だけどいまだに恋愛の古傷があって躊躇しちゃうんだよね。告白してから両想いになるときの女心の変化は凄くドキドキするものだよね。

カテゴリー:片想い

   2013年 05月 »
Copyright © 2009 婚活気分. All rights reserved